看護師のお給料はほんとに高い?

看護師さんと聞けば、お給料が良い!生活が安定している!どこでも就職できる!そう思われる方が多いのではないでしょうか?

確かに、普通のOLさんよりはいいかもしれない…

確かに、時給はいいかもしれない…

確かに、どこでも 勤め先はあるかもしれない…

花形の職業なのに、看護師免許を持ち、活躍しているのはなんと!?全体の2割とも言われています。

そこにはお金では解決できない問題が山ほどあります。

まず、夜勤。
最近では2交代のところが増えましたが、3交代だと…朝8時30分(でも、実際はカルテチェックをしないといけないので、最低30分前には出勤)から17時…に終わる訳がなく、だいたい19時過ぎる。

そこから家に帰って、ご飯食べて、お風呂入って、仮眠取ったら、0時には出勤。

朝の9時まで仕事。

正直、4時ぐらいが一番眠い もうすぐ夜明けという時に、採血。1回で仕留めないと、患者さんにも悪いので必死。

そして、朝の食事様のパンを焼いたり、介助に行ったり、点滴早めたりと走りまくる。

やっと終わって帰ったら、寝る。次の日 準夜 16時から0時までだけど、2時ぐらいまで帰れず。そのまま休み突入だけど、2時に帰ってきてるから、起きるのもお昼過ぎ。

そして、次の日、日勤…の繰り返し。

自分の時間なんか、持てることはない。それをこなして ◯◯県立病院のお給料は23万円。

夜勤ばかりする夜勤専従で、だいたい30万ぐらい。しかし、夜勤をする仕事の人は下記の通りになります。

* 夜勤を続けると 10年寿命が縮まる。
* ガンなどの発症リスクが高くなる。
* 体内時計が狂い、自律神経乱れ、体のリズムやホルモンバランスが崩れる。
* 睡眠時間が短く、熟睡できない場合、睡眠中の心拍数が上昇して循環器系に負担がかかる。
* 食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌が低下することで、自然と食べる量が増えて、太りやすい。
* うつ病発症率が高くなる。

命と引き換えに、少しだけ高いお給料をもらう。それは本当に、お給料は高いと言えるのでしょうか?

ただ、免許のおかげで、働くところは選ばなかったら、いろいろあります。
選ばなかったらね。

そのお話はまた次回に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

こみやまさちえ

OL→エアロビクスインストラクターをし、27歳の時に看護学校に入学。
現在、看護師とカウンセラーを兼業。
色んな職業をし、看護師になったという異色の経歴から、独自の視点で医療の世界を書いていきたいと思います。

ページ上部へ戻る