高橋内科クリニック(東京 国分寺)

こんにちは、ぶんぶんこと編集長@池上です。

今回は国分寺市の高橋内科クリニックを紹介させて頂きます。私の友人MRからのご紹介で取材をさせて頂くことになりました。

このクリニックは国分寺駅から徒歩20分と少し離れているにも関わらず、多くの患者さんが集まられており、1日平均120名の方が来院されるそうです。

高橋内科クリニック 外観

一見、普通のクリニックに見えますが、様々な特筆すべき点がありました。まずは受付の方の声かけと仕事の姿勢の素晴らしいこと。実は出来ているようで出来てないクリニックが多い中で、ここは素晴らしい対応でした。ついつい、私も声をかけて欲しいと思うぐらいの気遣いと心配りでした。

それから、院長やナースの方々がとても明るいこと。患者さんを呼ぶ声や話しかける言葉がアップテンポでポジティブなのです。診察を受けるにしても何かそれだけで治してくれるところなんだと感じやすくなっています。なぜそのような雰囲気になっているのかというと先生ご自身が明るい性格というのもありますが、スタッフがほとんど辞めないという職場環境にも理由があると思いました。

高橋内科クリニック 高橋寿保院長

それから、高橋先生のご専門である呼吸器内科、アレルギー科、特に喘息においてはこの地域で第一人者です。この地域で呼吸器内科専門医とアレルギー専門医の認定を持たれているドクターは高橋先生しかおられません。

しかし、誰よりも知識を持っているにも関わらず、自分の専門を含め、多くの知識を求めて、休日は勉強会や研究会、学会に常に参加されている姿勢には頭が下がります。患者さんを救うための医師の探究心、研究心には限りがないのだなと高橋先生を見ていると改めて感じさせられます。

先生が得意とされている疾患である喘息はコントロールが重要であり、治療を間違えると死にも至る病気ですので、患者さんとしても不安を持ちやすい疾患です。

そんな患者さんのお話を聞き、その背景を出来るだけ理解し、その不安を解消すること、そして「一人でも多くの喘息死を減らすが僕の仕事」と言い切る先生の姿勢に近隣だけではなく、遠くから通院される患者さんが多いのもよく分かります。いつも朗らかで、謙虚な先生の周りには感謝と笑顔が絶えないのは先生の人徳でもあります。

また、取材と称して高橋先生に会いに行きたいなと企んでいるぶんぶんです(笑)。

クリニックが持っている媒体

(WEBサイト・Facebook・Twitter・ブログなど)

高橋内科クリニック WEBサイト
http://www.takahashinaika.com/

高橋内科クリニックフェイスブックページ
https://www.facebook.com/takahashinaika.kokubunji

ホスピタ病院検索
http://www.hospita.jp/detail/26/

ドクターズサーチドットコム
http://www.doctors-search.com/c-kokubunji/takahashinaika/

ヘルスクリック
http://hp.health.ne.jp/takahashiclinic/index.html

e-doctors net
http://www.e-doctors-net.com/kokubunji/takahashi/

クリニック取材記事

ドクターズファイル
http://doctorsfile.jp/h/39718/df/1/

クリニックの評判(評判サイト)

QLife
http://www.qlife.jp/hospital_detail_976127

Caloo
http://caloo.jp/hospitals/detail/2139213430

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【名医情報詳細】

クリニック名 医療法人社団 高橋内科クリニック
住所 〒185-0014
国分寺市東恋ケ窪6-2-6 チカサ第一ビル1階
電話番号 042-322-7676
営業時間 午前09:00〜12:30
午後15:00〜18:30
休診:木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日
ホームページ http://www.takahashinaika.com/

【地図情報】

大きい地図で見る

この記事の著者

池上文尋

池上文尋

バブル期の外資系製薬企業に入社、3年間MR(医薬情報担当者)として勤務後、医療機関側の内部に興味を持ち、青森の医療法人事務長として2年勤務。その後、再びMRへ復帰。外資系企業を2社、合計9年を京都担当のMRとして勤務。
MR時代に趣味で立ち上げたMR-NETが徐々に広がりを見せ、MRに対しての情報発信やサポートに目覚める。勤務先の合併を機にMRを退職し、株式会社メディエンスの代表となる。

現在、オールアバウトジャパン「不妊症」ガイド、妊娠力向上委員会企画運営、MR-NET企画運営、医療機関広報コンサルティング、とMR時代に培った医療知識とITスキルを活用し、医療における分野で幅広く事業を展開中。

池上@自己紹介
http://www.medience.info/profile.html#2
オールアバウト不妊症治療ガイド http://allabout.co.jp/gm/gt/1831/
MR-NET http://mr-net.org/
株式会社メディエンス http://www.medience.info/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る