中浜医院(大阪市旭区)

編集長@ぶんぶんです。
今回は大阪市旭区の中浜医院 中浜 力院長先生にインタビューをさせて頂きました。中浜先生は地域の方々だけではなく、同じ医師として多くの医師仲間、そして我々製薬企業のスタッフにも愛される存在です。なぜ中浜先生はこのように愛されるのでしょうか?

中浜先生は医師家系に生まれ、周りの環境から自然と医師への道を目指されたそうです。大学時代、UCLAに留学し、レジオネラで論文を書き、そのまま大学でのキャリアを歩もうと思っていたそうです。しかしながら、お父様の5年にも及ぶ説得に応じ、クリニックの後を継ごうと決心されたそうです。

そして、その時に思ったのは自分のクリニックを中心に100mの中のご家族3代の健康全てに責任を持つ覚悟だったそうです。その覚悟があれば、クリニックの宣伝など必要なしということで、初志貫徹されています。だから今でもクリニックのホームページはありません。

このコンセプトを明確にお話頂いたドクターは初めてなのでとても驚きました。言われてみれば当たり前の事ですが、全部を把握し、そして愚直にそれを実行していくことは簡単ではありません。100m四方でも何千人という方が住まれているわけですから、相当な強い気持ちがないと出来ないと思いました。

また、中浜先生は地域医療だけではなく、学術的にも幅広く活動されています。先生のご専門は呼吸器科と感染症科であり、大学で感染症の研究をされていた関係で全国の感染症関連のドクターと連携して、プライマリケア医の立場から日本呼吸器学会の「成人市中肺炎診療ガイドライン制作」に参画されています。

https://www.jrs.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=15

そして、自宅をセミナールームとして開放し、製薬企業の中枢である感染症に関わるプロダクトマネージャー達に知識を学ぶ機会を提供されており、私の尊敬する製薬企業の先輩方も中浜先生にお世話になったという方が多く、中浜先生の視野の広さと利他的な活動は多くの方から感謝されている存在です。

臨床と連携と研究を同時に行われている中浜先生の活動はこれからも多くの方に影響を与えると感じております。そして、患者さんも救い、医療に関わるものの知識習得に貢献している先生の周りに人がたくさん集まってくるのは自明の理と言っても過言ではないと思っております。

そろそろ「仕事のペースをダウンしようかな~」なんて冗談でお話されていましたが、まだまだ世の中のために頑張って欲しいと思いました。お忙しい中、取材を受けて頂いた中浜先生、そしてサポートに同行して頂いたディープインパクト代表の富本さんにこの場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。

クリニックが持っている媒体(WEBサイト・Facebook・Twitter・ブログなど)

なし

クリニックを紹介している媒体

中浜医院(大阪市旭区医師会WEBサイトで紹介されている)
http://www.asahi.osaka.med.or.jp/guide/med/023.html

クリニック取材記事

株式会社ディープインパクトの記事 https://www.facebook.com/dinewservice/posts/169550309847319
院長が医療経営に関して話しています

クリニックの評判(評判サイト)

Benesse ウィメンズパーク http://www.asahi.osaka.med.or.jp/guide/med/023.html
日本最大級の女性口コミサイト

Caloo http://caloo.jp/hospitals/detail/2270008220
圧倒的な情報量から探せる病院口コミ検索サイト

Yahoo!ヘルスケア http://medical.yahoo.co.jp/hospital/review/598038/1/

その他メディア

日経メディカルで中浜先生がコメントされています
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/integrate/search.jsp?check1=&words=%C3%E6%C9%CD%B0%E5%B1%A1
http://bizboard.nikkeibp.co.jp/kijiken/summary/20070417/NM0473H_950163a.html

朝日放送 おはよう朝日 http://asahi.co.jp/ohaasa/week/backnum/20100921.html
抗生物質について取材されています

肺炎手術や肺炎治療の名医がいる病院一覧 http://geniustrue.golog.jp/archives/5390019.html
肺炎手術や肺炎治療の名医がいる病院一覧に掲載されています

予防医療.com http://www.yobou.com/contents/tokushu/report/t25_02.html
免疫療法に関して

ラジオNIKKE 2007年 http://medical.radionikkei.jp/yakugaku/date/20071201/
肺炎外来治療アンケートに関して http://radio848.rsjp.net/abbott/html/20071116.html

著書

市中肺炎の外来マネジメント 2004年

日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」

中浜先生が運営に関わっているNPO

NPO法人 薬剤感受性サーベイランス研究会 http://www.mic-surveillance.com/

NPO法人 JASMIN http://www.npo-jasmin.org/what-is-jasmin.html

【名医情報詳細】

クリニック名 中浜医院
住所 〒535-0003
大阪市旭区中宮2丁目15−3
電話番号 06-6951-0759
営業時間 午前: 9時~12時
午後: 5時~7時30分
休診日: 水曜日(午後)、土曜日(午後)、日曜日、祝日
ホームページ

【地図情報】

大きい地図で見る

この記事の著者

池上文尋

池上文尋

バブル期の外資系製薬企業に入社、3年間MR(医薬情報担当者)として勤務後、医療機関側の内部に興味を持ち、青森の医療法人事務長として2年勤務。その後、再びMRへ復帰。外資系企業を2社、合計9年を京都担当のMRとして勤務。
MR時代に趣味で立ち上げたMR-NETが徐々に広がりを見せ、MRに対しての情報発信やサポートに目覚める。勤務先の合併を機にMRを退職し、株式会社メディエンスの代表となる。

現在、オールアバウトジャパン「不妊症」ガイド、妊娠力向上委員会企画運営、MR-NET企画運営、医療機関広報コンサルティング、とMR時代に培った医療知識とITスキルを活用し、医療における分野で幅広く事業を展開中。

池上@自己紹介
http://www.medience.info/profile.html#2
オールアバウト不妊症治療ガイド http://allabout.co.jp/gm/gt/1831/
MR-NET http://mr-net.org/
株式会社メディエンス http://www.medience.info/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る